FC2ブログ

マスクフェチ向けのAV作品レビュー

今や風邪・インフルエンザ・花粉対策必須アイテムとなった「マスク」。このブログではそんなマスク姿の女性に思わず萌えてしまう“マスクフェチ”を対象としたAV作品のレビューを行っています。

マスク フェチ AV DVD レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マスク フェチ AV DVD レビュー

素人マスク娘 緊縛浣腸アクメ

素人マスク娘 緊縛浣腸アクメ  [DVD]

Amazonの購入ページへ DMMの購入ページへ 【通販】 【動画DL】 【10円動画】

【作品情報】
おすすめ度:★★★☆☆
メーカー:ヴィ
シリーズ:-
出演女優:-
収録時間:200分
使用コスチューム:私服
使用マスク:ガーゼマスクプリーツマスク柄物マスクエバーマスク革マスク

37_1.jpg37_2.jpg37_3.jpg37_4.jpg

【概要】
マスクお姉さんの出演作などを制作しているヴィの作品。こういったマスク姿の素人が出ている作品は同社で他にもありますが、こちらが一番良さげだったので購入。タイトルからして緊縛浣腸、そしてスカトロものを多く出してるヴィということで、そういった類が苦手な方は抵抗を感じるかもしれませんが(私もそうでした)、内容は意外とサラッとしていて浣腸をされるのは出演者7人中2人のみ。排出物も最初に出てくる女性がちっちゃいのをポロッと出した程度です。

出てくるマスクはなかなか豊富で、定番のガーゼマスクプリーツマスクの他トラの顔のついたかわいらしい柄物マスクやSM風の黒い革のマスク、そしてマスクフェチなら知る人ぞ知る?レアモノのエバーマスク(黄色がかった紐一体型のマスク)まで登場しています。着けてる人はおろか売ってるのも見たことないぐらいなので、恐らく今後もこれ以外の作品に出るのは無いかと思われます。

【ここがみどころ!!】
街中で声を掛けられた素人女性が、マスク着用を条件に車でHされるという流れで女性が計7人登場するのですが、まず1人目(画像1番目)がおっとりしたキャラのかわいい感じの女性で、ここで早くもエバーマスクが登場。なぜか“HYPER”というロゴがワンポイントで付いていて、出演している男共々話のネタに使っています。やはりこのエバーマスク、顔の大部分に湿布のようにピタッと張り付く感じが独特の魅力を放っていますね。

そして浣腸シーンでの『アァーンッ!アッ!アッ!アッ!アッ!ダメェでちゃぁう!ヤメテでちゃぁうアァーーーッ!!』→『(排出音)ブジューッ!ブジュブジュブジュゥ・・・』→『うぅーーやだぁ・・・・・(また挿入され)アァーンッ!アッ!アッ!アッ!アッ!ダメェでちゃぁう!(以下繰り返し)』というループで叫びに対する興奮と、排出音に対する笑いを交互に味わわせてもらい、自分の中で浣腸という新たなフェチにも目覚めてしまったような気がしました。この女性、撮影を終えた後にマスクしたまま帰りますと言っていますが、帰宅までこのエバーマスクを本当にずっと着けてくれたのか、ちょっと気になります。

2人目(画像2番目)のクールで肝の据わった感じの女性も珍しい黒い革でできたマスクを装着し、似合っているのはもちろん声のこもり具合が通常のマスクの数倍はっきりとわかるのが良いです。3人目(画像3番目)は品のある関西弁を話す女性で、ピンクのプリーツマスク姿が最も日常的な雰囲気を醸し出していますね。4人目(画像4~5番目)は作品唯一のガーゼマスク(やや小さめ)を着用し、いい感じのぽっちゃり体型で巨乳が魅力的な女性です。この女性に関してはベッドでのSEXシーンも収録されています。

5人目(画像6番目)は実際に風邪を引いていて頻繁にゴホゴホ咳をしてくれますが、風邪引いてるとは思えないぐらい非常に明るくよく喋る女性で、最初プリーツマスクはあまり開かずに装着しますが男性が正しい着け方を教え、プリーツを顎の下まですっぽりと開かせます。こういうのをスタッフの男性がしっかり指摘するっていうのは今までのAVじゃ見られなかったことですのでこれはGJと言いたいですね。6人目(画像7番目)は胸を露出する黒い挑発的な服に身を包んだ独特な色気のある女性で、マスクはトラの柄物ですがこれがよく似合っており本人曰く“かわいい”です。普通のマスク姿そして素顔も見たかったですね。

最後の7人目(画像8番目)は素朴な雰囲気の女性で最初は喋るのもオドオドしていましたが、マスクを着けてHされるとテンションが激変し、『チョットチョットォ、ヤメテクダサァーイ』とちょっと変わった喋り方でリアクションします。ただマスクは完全にプリーツが開かれてない真四角な状態で、私はこれはこれで好きですが、どうせならこっちもスタッフが着け方を教えてあげて欲しかったですね。

【総評】
出演者は7人と多めで収録も200分なので、1人ずつみどころを書いていたら随分文章が長くなってしまいました・・・。もちろんそれだけ気に入った作品ということですし、やっぱりある程度メジャーなメーカーは出演者のレベルも撮影や編集の技術も高いですね。浣腸をメインで取り扱った作品ながらもこれまで見てきたマスクフェチAVと変わらない感覚で楽しめましたし、逆に言えば浣腸を見たい人には物足りない作品にもなっていますが、我々マスクフェチにとってはわりと良作と言えるかもしれません。

37_5.jpg37_6.jpg37_7.jpg37_8.jpg

スポンサーサイト
[PR]

マスク フェチ AV DVD レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。